2010年05月27日

第二夜 亀田町「民謡酒場 悦子」

【寄 港 店】民謡酒場 悦子
【取材データ】函館市亀田町。2009年5月7日収録。
【放送データ】2009年5月25日〜6月21日、NCV(函館市のケーブルテレビ局 )にてリピート放送。15分番組。
【案内人メモ】函館(の一部)で好評を得ている本気で泥酔番組。初回のぐだぐだを挽回 すべく、なるべく現場でコメントを話すように努力した二回目。この店はずーっと気にな っていた店で、この収録で初めて足を踏み入れた。悦子さんの歌声と笑顔に惚れました。 民謡は日本人の心に根付いている。民謡を聴かせる店というよりも、民謡が好きで唄うの が好きな人が集まる店です。





携帯電話用 → 前編 後編

【番組紹介】NCVにて、毎月第4月曜日〜翌月第2日曜日まで放送。
      放送時間/17:30〜 21:30〜 ほか
      ※ケーブルテレビをご契約の上でお楽しみください。
.
posted by 酒場案内人 at 16:32| Comment(5) | TrackBack(0) | 勝手に再放送
この記事へのコメント
疲れた時や週末1人で部屋で飲んでいるときなど無性にこの回が見たくなります。
祖母の家がこの店のそばでお酒なんかまだまだ飲めない年齢の頃からずっと気になっていました。
線路の脇にひっそり立つこの店の事、気になっていた函館市民は多いと思いますよ!
まさに民謡酒場ですね。
ここの店にスポットをあてた高山さん、NCVはすばらしい!
Posted by nori at 2011年03月17日 23:11
あの店は、そういう「思い出」を持っている人が多いですね。
収録後も何度か飲みに行きました。
女将さん(悦子さん)は体調がよろしくなくて、
一昨年暮れに、お店を閉めようとしたそうです。
しかし、ここに集う多くの人たちから、
なんとか続けてほしい、という言葉に受けて、
いまも営業しています。
楽しそうに、そして気持ち良さそうに、民謡を唄っています。
Posted by 案内人(仮) at 2011年03月18日 18:39
本番OKらしいです(*´ω`) http://movie.fgn.asia
Posted by 明日美 at 2012年10月03日 11:08
Posted by 匿名 at 2015年09月03日 06:54
店主の太田が 最低人物でした。異常者と言える人物で よくここまで 生きてこれたなと思えるほどです。現在は、悦子の看板を消しているため、商売は、辞めてる状況ですが太田は建物のまわりでウロウロしてます。収入源にならない第三者が敷地に足を一歩でも入れたら 不法侵入で金 とられます!! その為 郵便物は、宛て先不明で戻ってくるし、チラシでも 入れたら カモが来た扱いで事件になります。業者界では、ブラックリストにされます
Posted by 匿名 at 2015年09月03日 06:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42140923
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック